Rosy Days

ディズニー好き音楽好きゲーマーOLによる自由気ままな雑記帳。
現在はディズニーやゲームの話題が中心になっています。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
RECOMMEND
吹奏楽による「ドラゴンクエスト」PartI
吹奏楽による「ドラゴンクエスト」PartI (JUGEMレビュー »)
すぎやまこういち,東京メトロポリタン・ウィンド・アンサンブル
RECOMMEND
RECOMMEND
金管五重奏による「ドラゴンクエスト」
金管五重奏による「ドラゴンクエスト」 (JUGEMレビュー »)
東京メトロポリタン・ブラス・クインテット,すぎやまこういち,小田桐寛之,小田桐寛之,高橋敦
PROFILE
<< ミュージカル『美女と野獣』 見てきました | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ドラクエのコンサート行ってきた
一昨日、名古屋で開催されたドラクエコンサートに行って来ました
タイトルは、「吹奏楽によるドラゴンクエスト」。 
昨年発売された、同タイトルのCDの発売記念として開催されたコンサートであり、今回が、その録音メンバーによる記念すべき初ライブでした。
CD「吹奏楽によるドラゴンクエスト」(Part.IとPart.II)は、完成度の高さで話題を呼んでいましたが、私自身も発売当時、そのクオリティの高さに度肝を抜かれたものです(笑)
この公演が決定した時は本当に嬉しかった♪

公演詳細は次の通りです。


吹奏楽によるドラゴンクエスト
            作曲:すぎやまこういち  吹奏楽編曲:真島俊夫

【日時】 2011年4月8日 18:00開場 18:45開演
【会場】 愛知県芸術劇場コンサートホール
【指揮・お話】 すぎやまこういち
【コンサートマスター】 三界秀実
【吹奏楽】 東京メトロポリタン・ウィンド・アンサンブル

【プログラム】

第1部

◆序曲<I>
◆ラダトーム城<I>
◆遥かなる旅路〜広野を行く〜果てしなき世界<II>
◆この道わが旅<II>
◆世界をまわる(街〜ジパング〜ピラミッド〜村)<III>
◆おおぞらをとぶ<III>
◆そして伝説へ<III>

第2部

◆街でのひととき(街〜楽しいカジノ〜コロシアム〜街)<IV>
◆恐怖の洞窟〜呪われし搭<IV>
◆王宮のトランペット<V>
◆結婚ワルツ<V>
◆エーゲ海に船出して<VI>
◆勇気ある戦い〜敢然と立ち向かう<VI>
◆時の子守唄<VI>

アンコール

◆ドラゴンクエストによるコンサート・セレクション



 

アンコールで演奏されたのは、CD「吹奏楽によるドラゴンクエスト Part.I」の最後にも収録された、「ドラゴンクエストによるコンサート・セレクション」。
ドラゴンクエストI〜IIIの曲が真島俊夫氏によりスターウォーズ風(笑)にカッコよく編曲されたもので、私も初めて聴いた瞬間心奪われた曲です。
他の収録曲は、すぎやまこういち先生の交響組曲に忠実に編曲されているけど、この一曲だけは、真島氏の個性が出ていて、面白いです。
CDの中でも特に際立っていたので、これを生で聴けたのは本当に感激でした。

演奏曲目も豪華でしたが、今回は何より演奏がすごかった!
演奏者は「東京メトロポリタン・ウィンド・アンサンブル」。
そのメンバー構成は、「金管五重奏によるドラゴンクエスト」でもお馴染みの「東京メトロポリタン・ブラス・クインテッド」をはじめとする都響メンバーや、他の楽団のメンバーや、フリーランスなど様々ですが、どの奏者も技術が卓越しています。
すぎやま先生も仰っていた通り、まさに日本のオールスターといった感じ。
本当に皆透明感のある綺麗な音で、聴いていて幸せになれました
東京メトロポリタン・ブラス・クインテッドのファンでもある私は、やはり高橋敦氏のトランペットに注目。
「この道わが旅」や「王宮のトランペット」のソロなどもあり、終始うっとりでした。
ですが、フルートの柳原氏やサックスの林田氏の音色もかなり印象的で、そちらに気をとられることが多かったですね(笑)

そして、普段このメンバーで活動しているわけではないというのに、この一体感はすごい・・・!
さすがプロの集まりだと実感しました。
左から聞こえるクラリネットと、右から聞こえるサックスが完全にシンクロしてて、開いた口が塞がらなかった(笑)
吹奏楽なので、いつもの交響組曲で弦楽器が担当する細かい動きは、クラリネットやサックスが代わりにやっているのですが、そういった高い技術が求められる部分でも、揃いに揃ってました。

やはりライブでは、CDでは不明だった楽器が目で確認できるし、奏者が楽器を持ち替えたり、奏法を変えたりするのも視覚的にとらえられるのが嬉しいですね。
オーケストラの「時の子守唄」で最後弦のピチカートで消え入るように終わる部分、吹奏楽ではなんとクラリネットが演奏してました!
楽器の特性からして、クラリネットが担当するのは妥当だと思いますが、見慣れない光景なので驚きました。改めて、吹奏楽器の表現力の幅の広さに気付きました。
そういえば、「ジパング」でバチッとでかい音がする部分がありますが、あれ、コントラバスが弦を大きくはじいて出した音でした!
てっきり打楽器の音なのかと思ってたから、コントラバスの弦がのびてたからびっくりした(笑)

毎年数回ドラクエのコンサートに足を運ばせて頂いていますが、このような編曲・編成によるコンサートは初めてでしたので、とっても新鮮に感じました♪
「吹奏楽によるドラゴンクエスト」は、ドラゴンクエストVIまでの収録されたPart.IIがリリース済みとなっていますが、今後も続編がリリースされ、そしてコンサートも開催されることを願っています。
本当に素晴らしいコンサートを、ありがとうございました。

今月23日の八王子公演、6月の名古屋公演も楽しみにしています(笑)
| くみ | コンサート・イベント・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://rosydays.jugem.jp/trackback/688
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/07/02 5:37 PM |