Rosy Days

ディズニー好き音楽好きゲーマーOLによる自由気ままな雑記帳。
現在はディズニーやゲームの話題が中心になっています。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
RECOMMEND
吹奏楽による「ドラゴンクエスト」PartI
吹奏楽による「ドラゴンクエスト」PartI (JUGEMレビュー »)
すぎやまこういち,東京メトロポリタン・ウィンド・アンサンブル
RECOMMEND
RECOMMEND
金管五重奏による「ドラゴンクエスト」
金管五重奏による「ドラゴンクエスト」 (JUGEMレビュー »)
東京メトロポリタン・ブラス・クインテット,すぎやまこういち,小田桐寛之,小田桐寛之,高橋敦
PROFILE
<< 王宮のオーボエ | main | 近況 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ドラクエのコンサートに行ってきました
今年は東京公演に参加してきました。
コンサートの概要は下記の通りです。


「第23回ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」

【日時】2009年8月5日(水) 5:00PM開場 6:00PM開演 

【場所】東京芸術劇場 大ホール

【指揮とお話】すぎやまこういち

【管弦楽】東京都交響楽団

【ソロ・コンサートマスター】矢部達哉

【プログラム】交響組曲「ドラゴンクエストIX」星空の守り人

第一部

■序曲IX

■天の祈り

■宿命 〜 悲壮なるプロローグ

■王宮のオーボエ

■来たれわが街へ 〜 夢見るわが街 〜 酒場のポルカ 〜 来たれわが街へ

■野を越え山を越え 〜 仲間とともに 〜 箱舟に乗って 〜 野を越え山を越え

■陽だまりの村 〜 村の夕べ

■負けるものか 〜 渦巻く欲望

休憩

第二部

■暗闇の魔窟 〜 洞窟のワルツ 〜 そびえ立つ死の気配

■集え、者たち 〜 祈りの詩 〜 せつなき思い

■サンディのテーマ 〜 サンディの泪 〜サンディのテーマ

■運命に導かれ 〜 主なき神殿

■決戦の時

■星空へ 〜 星空の守り人


アンコール

■海図を広げて

■そして伝説へ

DQ9の交響組曲は、今回が初演。
もちろんこれまでCDも出ていなかったし、交響組曲のバージョンを聴くこと自体が初めてでとても楽しみにしていたのですが…
素晴らしすぎて涙が出ました。最初の4曲が特にヤバかったです(^^;
曲自体の素晴らしさと、都響の高度な演奏にただただ感激しました!

すぎやま先生のお話を伺うと、DQ9の開発に4年かかったということは、先生にとってはプラスに働いたようで、楽曲はご自身も満足のいく仕上がりであったようです。
私もDQ9をエンディングまでプレイしてみましたが、確かにクオリティーの高い曲が多いと思いました。
ゲーム中一度きりしか聞けない曲や、クリア後聞けなくなってしまう曲もいくつかありますが、コンサートで改めて聴いてみて、実はそんな曲こそ力作だったよなぁ、と思ったので、何だかとても勿体ないと感じてしまいました…。


それでは、印象に残った曲についてつらつらと…

「序曲IX」
序曲IXと名がついているので、この作品限定の序曲であるかと思いますが、イントロがガラリと変わりました。
初めて聞いた時は違和感を感じましたが、金管中心のイントロで重厚感が出ていて、DQ9の主旨に合った良い曲だと思いました。

「天の祈り」
伴奏がハープで、主旋律がオーボエからフルートに切り替わるという流れがとても綺麗!

「悲壮なるプロローグ」
この曲は、ゲーム中でたった一度しか聞けないけど、とても印象に残っていました。
もの悲しいけど、旋律がとても綺麗な曲です。
最後のハープ(素早く上下に往復するところ)は高い技術が必要とされると思いますが、演奏は大変素晴らしいものでした。

「王宮のオーボエ」
個人的にオーボエが好きなので、とても楽しみにしていました。
実は、ソロに入って5小節目のところはとても難しいだろうなと思っていたのですが、公演前にステージ裏からその部分が聞こえてきたんですね。ソロの奏者の方もここを重点的に練習していたかと思われます(笑)
やはり、プロの演奏は音質も技術もハイレベルでした(><)

「来たれわが街へ 〜 夢見るわが街 〜 酒場のポルカ 〜 来たれわが街へ」
ドラクエの街の音楽は、フルートとピチカートで演奏されることが多いですが、これも同様です。
これだけで楽しそうに聞こえてしまうから本当に不思議。
「来たれわが街へ」から「夢見るわが街」に切り替わる前にME「宿屋」が挿入され、それから、最後の「来たれわが街へ」の後にはME「セーブ」が挿入され、綺麗に締めくくられていました。
「酒場のポルカ」の手拍子はなんと、生手拍子での演奏!パーカッションの人だけでなく手の空いている金管の人も手を叩いていたので驚きました!

「野を越え山を越え」
フィールド曲なのにえらいのびのびとしているなぁ、と思いながら聴いてました。
フルートやマリンバが主旋律だと、楽しそうにも聞こえてしまいますよね(笑)
良い曲だから問題ないんですけど。

「仲間とともに」
この曲聞いたことない!と思ったら、マルチプレイ時のフィールド音楽なんですね(^^;
私はマルチプレイの時うっかり消音にしてしまったので今回初めて聴きましたが、トランペットによる行進曲のような曲で楽しかったです。

「陽だまりの村」
フルート二本でのハーモニー進行が素朴な感じを出してて良いです。

「暗闇の魔窟」
ここでもオーボエ。
オーボエの不安定そうな音が不安感を煽っってくれます。

「そびえ立つ死の気配」
すごく気味の悪い音を出してた楽器があったので気になったんだけど、何の楽器だったのかよく見えなくて残念(笑)
死の気配を感じましたよ。

「祈りの詩」
2月のコンサートで、すぎやま先生が自信を持っているとおっしゃっていた曲なので楽しみにしていました。
オーボエ⇔フルートのリレーが美しすぎてうっとりでした。

「サンディのテーマ」
ここまでゆったりした曲が多かったので、ここで一気に弾けましたね。
ドラクエにしては珍しいポップな曲で個人的にお気に入りですが、聴いててとても楽しかったです。

「決戦の時」
主旋律が目まぐるしく変わりますが、「天の祈り」の1フレーズが出てくるあたり、ラスボスの複雑な事情を物語っているようにも聞えました。

「星空へ 〜 星空の守り人」
ここでもハープが登場。DQ9の主役はハープであると言っても過言ではないかも。
エンディングは終始穏やかな曲調ですね。

「海図を広げて」
過去にも演奏を聴いたことのある曲ですが、大好きなので何度聴いても感動します(;_;)
弦楽器による3連符の伴奏部が、ゆらゆらゆれる船を連想させますね。本当によく出来た曲です。

「そして伝説へ」
今回、全体を通して休みがちだった金管が、ここでフルに爆発していました(笑)

やはりこれは永遠の名曲です!



全体を通してハープ、オーボエ、フルートが多様されている、というのがDQ9の交響組曲の特徴ですね。
ゆるい音、儚い音で、もの悲しい雰囲気を漂わせていました。
それから、「天の祈り」「祈りの詩」「運命に導かれ」などは、確か弦楽器ばかりで演奏されていました。
主人公が天使であるから、神聖なイメージの曲が多いんですね。
DQ9の交響組曲は弦楽中心なので、私の好みに合っていたなぁ(^^)

公演後、感動冷めやらぬ中、すぎやま先生との握手会に参加してきました。
ドラクエのコンサートは何度か参加しているものの、先生との握手会は初めてのことだったので、先生を目の前にしたら感極まって再びウルウル(;_;)
先生には、素晴らしすぎる音楽で涙が出たということを、そのままお伝えしました(笑)
先生本当にありがとうございました!また来年もきます!(><)



当日、会場では、同日発売となったDQ9のサントラを購入。
おまけとして、ステッカーをつけて頂きました。



サントラの方も聴いていますが、とてもお気に入りです♪
交響組曲のCDも早く出して欲しいです(笑)!
| くみ | コンサート・イベント・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://rosydays.jugem.jp/trackback/676